通信制高校パーク

通信制高校質問バナー

卒業までいくらかかる?

通信制高校の学費っていくら?

 学校名  第一学院高等学校 ルネサンス高校 KTC中央高等学校 飛鳥未来高等学校 鹿島学園高等学校
入学金  73,000 100,000 100,000 10,000 50,000
入学検定料 10,000 10,000 15,000 10,000 10,000
授業料 10,000 10,000 10,000 8,000 7,000
施設設備費 73,750 20,000 0 60,000 12,000
教育関連諸費 30,000 50,000 課程による 30,000 25,000
教育充実費 0 0 課程による 100,000 0
進路充実費 0 0 0 0 2,000
教材費 30,000 30,000 教科による 40,000 教科による
初年度合計 226,750円 220,000円 125,00円+α 250,800円 97,900円+α

ピンクのマス・・・最安値


学費が安ければ良い学校?高ければ良い学校?

こんにちは!通信制高校パークの運営者、「市村」(いちむら)と申します!
当サイトへようこそ!
077445
さて、ウチのサイトに来てくれる方は、ほとんどが、通信制高校の学費がどれくらいかかるのか気になって調べている人が多いと思います。
そこで一番先に学費比較一覧表を掲載してみました。
※学校によっては選んだコースや取得する単位数などによって学費が変わるところも多いですのであくまでご参考程度にご覧ください。

まず、上記の表で確認していきたいのは「入学金」と「入学検定金」の部分。
これは、選ぶコースなどによる変化はなく一律で全員にかかるお金なので、
出来るだけ少ないところを選びたいものです。

が、注意点は「施設設備費」のポイント。
これが意外と高い!
入学金が安い分施設設備費などが高い学校もあります。

また入学金は確実に初年度のみのものですが、施設設備費などの場合、2年目以降も発生する可能性があります
一度資料請求などをしてパンフレットを確認してみることをオススメします。
通信制高校によっては資料が届くのと前後して電話をくれるところも多いので、直接「この中で2年目以降も発生する料金はどれか?」と聞いてみるとより確実ですね。

<いちむらの一押しポイント!>
通信制高校の学費の比較は1項目や、単純な合計金額だけで判断しないこと!
2年目以降に発生するかどうかなどの確認も踏まえて検討しましょう。

通信制高校質問バナー

学費は自分で稼ぐ?親が払う?

きちんと考えよう、通信制高校のこと

「通信制高校の学費」というテーマで色々調べていると、全日制高校を紹介しているサイトには出てこない要素が一つあります。
それは「自分で稼ぐか、親に出してもらうか」で悩んでいる子がかなりいるという要素です。
全日制高校の学費は公立でも奨学金を貰うなどしないと高校生が自分で稼げる金額ではありませんので、あまり「ウチなら自分で稼いで通えますよ!」というようなアピールをする学校はありません。
しかし、通信制高校となると、一度フリーター、もしくは中卒で働き始めた人などもいますので、「自分で稼ぐかどうか」という要素が出来ます。

ここで考えてみて欲しいポイントを2つ紹介します!


通信制高校の学費をどうするかを考える前に

★1度親子で腹を割って話してみよう
日本人は、特に親子間ではお金の話を明確にすることを避ける傾向にあります。
親は、「子供にお金の心配をさせたくない」という気持ちが強いものですが、子供は子供で、「全日制高校に入れてもらったのに、一度中退したのは自分のせいだし、通信制高校の学費ならバイトでも稼げるって聞いたから、自分で頑張った方がいいのかな」と考える子も多いのです。
081521

あえて言葉にしないでもお互いを思いやるのが美徳でもあるのですが、ハッキリさせておいた方が良いということもあるのも事実です。

親と子としてではなく、一種のビジネスパートナーとして考えてみてはいかがでしょうか

親としてではなく、「進学プロジェクト」の出資者として、プロジェクトの実行者に話をしてみる。
子供としてではなく、「進学プロジェクト」の実行者として、出資者にどうプロジェクトを進めていくのか、自分でもプロジェクトに必要な資金を捻出すべきなのかを確認してみる。

必要以上にビジネスライクになる必要はありませんが、「親子」という関係性から一旦離れてみるという「視点」は大事です
081524


高等学校等就学支援金は利用すべき?

★利用すべきです!

就学支援金は「給付」なので「返済する必要がないもの」です。
申請して手続きすれば貰えるお金なら絶対にもらっておくべきです!
適用条件も、目安として年収900万以下の家庭ならほぼ給付されるので、今、世間で騒がれている生活保護のように「申請させない制度」ではありません。
通信制高校の先生方に聞いていると「申請しただいたいの生徒さんがちゃんと貰えてるようですよ」とのことです。
経済的な事情でどうしても公立の通信制高校でないと学費が辛いという場合、この就学支援金制度を利用すれば私立の通信制高校でも学費が払えるようになるかもしれません。
公立の場合は月額900円ほどですが、私立なら月額9,000円と10倍以上給付されますので、それを踏まえた上でもう1度検討してみてはいかがでしょうか?

繰り返しになりますが、就学支援金制度はあくまでも「給付」です。
卒業後に返済することはないですので安心して利用できますよ!